基本知識

日本製のペニス増大サプリは使える?使えない?気になるウワサを調査してみた

「なんで俺のチンコ、ちっちゃいんだろう」
「外国人のペニスに憧れる!」

コレ、日本男児なら誰もが1度は考えることではないでしょうか。

男たるもの、チンコはデカい方が良い!そこで注目したいのが、ペニス増大サプリだと思います。

そこで今回は、『日本製のペニス増大サプリ』について、色々とお話しておこうと思います。

 日本製のペニス増大サプリの良いところ

ネットの普及によって、今や外国産のペニス増大サプリも気軽に購入できるようになってきてはいますが、なんで日本製のペニス増大サプリが良いのか。

それには3つの理由があるんです。
まずはここから、お話していきましょう。

 危険な成分は基本的に使われない

外国産のペニス増大サプリは、その国ごとの認可が下りている工場で製造されてはいますが、日本では禁止されている成分が使われていることが考えられます。

一概にそれが良いのか悪いのかは言えないのですが、できることなら日本で危険とされている物なら使いたくはありませんよね。

日本製のペニス増大サプリは日本独自のGMPなどの認可が下りている商品が多く、安心して使っていくことが出来るのは、好印象と言って良いでしょう。

 日本人向けに作られているから過剰摂取しにくい

また、当たり前ですが日本製のペニス増大サプリは、日本人にあわせて作られています。

そのため、必要な成分を確実に摂ることが出来ますし、規定量を飲むだけなら副作用になることもありません。

要は体に合っているんですよ。
だからこそ、日本製のペニス増大サプリは外国産のモノと比べて、失敗しにくいと言えます。

 逆に日本製のペニス増大サプリの悪いところってあるの?

安全面では外国産よりも日本製のペニス増大サプリの方が、良いところは多いように感じますね。

でも実は日本製のペニス増大サプリにも悪いところはあります。

それはズバリ、原料の多さ。

日本製のペニス増大サプリは基本的に、60100種類と効果が期待できる原料や成分を、手当たり次第に詰め込んでいる印象を受けるものが多くあります。

そのため、ペニス増大効果がないわけではないですが、11つの有効成分の量が少なくなってしまい、結果そこまで高い効果を期待できないことが多いんです。

その点外国製のペニス増大サプリは、成分に注目して必要最低限に抑えられているので、ピンポイントにペニス増大効果だけを狙っていくことが出来ます。

 日本製のペニス増大サプリを選ぶときの注目ポイント

安全性に優れている反面、原料が多いことが多く有効性が判断しづらい日本製のペニス増大サプリですが、実は選ぶときにちょっと気を付けさえすれば、高い効果が期待できるものを見分けることが出来ます。

だからこそ、日本製のペニス増大サプリを選ぶときには、これから紹介する3つのポイントに注目しておくようにしましょう。

 原料・成分の種類と量

まずは欠点としてあげた、ペニス増大サプリに使われている原料の種類や有効成分の量。コレは最低限見ておくべきですね。

多くのペニス増大サプリにはスッポンやらマムシやら、『いかにも効きそう!』な原料が使われていることが多いですが、それよりも有効成分に注目しておいた方が失敗することはありません。

そのため、以下の有効成分が十分に配合されているかは、まず注目してください。

成分名 摂取目安量 最低限摂りたい量
アルギニン 8000mg 800mg以上
シトルリン 800mg 800mg
亜鉛 10mg 10mg

そのうえで使われている原料に注目するようにしましょう。

  • マカ
  • トンカットアリ
  • 赤ガウクルア など

 続けやすさ(まとめ買いのお得度)

次に注目しておきたいのが、やはり価格でしょう。ペニス増大サプリは基本的に、長期間使うことで効果を実感することが出来るものです。

最低でも3ヵ月~6か月間は使ってみる必要があるので、価格を出来るだけ抑えることが出来るまとめ買いや定期購入といったシステムを利用できるかを見ておきましょう。

また、まとめ買いをした場合にどれだけお得感が増すかも見ておいて損はありませんよ。

 納得度

そして日本製のペニス増大サプリだけですが、注目ポイントとして『納得度』があげられます。コレは簡単に言ってしまうと、認知度の高さや人気の度合いといったところですね。

例えば購入者の満足度や実感度だったり、モンドセレクションといったりと確かな販売実績が分かるものや、認知度が高いものを選ぶようにするとまず失敗はしないでしょう。

 日本製のペニス増大サプリを使うなら注目してほしい商品とは

日本製のペニス増大サプリの選び方を簡単に紹介しましたが、結局のところ日本製のペニス増大サプリでどれが良いのかを知りたい方も多いはず。

そこで最後になりますが、3つの人気商品を紹介して終わりたいと思います。

気になった方は、是非一度試してみてはどうでしょうか。

 バイタルアンサー

価格 12,960
内容量 300粒(110粒)
主成分(1日分) ・アルギニン 1600mg
・シトルリン 500mg
・亜鉛 20mg
・トリプトファン 62mg 他(6種類)

 バイタルアンサーの特徴は何と言っても、『アルギニンの多さ』にあると思います。

ペニス増大のメカニズムに必要不可欠な、血管拡張効果・血流促進効果が高いアルギニンが一番多く配合されていますし、日本人にとって足りなくなりがちな亜鉛を充分に摂ることが出来るのはうれしいポイント。

ピンポイントにペニス増大だけを目指すなら、試す価値は十二分にあります。

しかもモンドセレクションで金賞を獲得しているため、品質にも問題はありません。

ただ1つ、難点を挙げるとすれば、1日に飲む量が多いことでしょう。最低でも10錠も飲まなければいけないため、錠剤嫌いには苦行となりそうです。

 ヴォルスタービヨンド

価格 12,800円~
内容量 90粒(13粒程度)
主成分(1日分) ・アルギニン 282mg
・シトルリン 801mg
・亜鉛 12mg
・ジオパワー15 165mg 他(61)

 認知度の高さで選ぶなら、ヴォルスタービヨンドは外せない存在です。

メンズサプリ業界で3(2018年度)を達成、Amazonでも2(2018年度)を達成するほど高い人気を集めているだけではなく、テレビや新聞・雑誌などといったメディアでも注目されているのは、注目ポイントでしょう。

シトルリンが主成分となりますが、アルギニンをはじめ亜鉛や特許成分のジオパワー15といった栄養をしっかり摂ることが出来るので、ペニス増大効果だけではなく様々な効果を期待することが出来そうです。

ただ、錠剤の大きさがやや大きく、飲みづらくなっているのが難点といえますね。

 ヴィトックスα

価格 12,800円~
内容量 30カプセル(1日粒)
主成分(1日分) ・シトルリン
・アルギニン
・亜鉛
・ガラナ 他(100種類以上)

 ヴィトックスはネットでの人気が高いペニス増大サプリ。

2014年から4年連続で売り上げNo.1を達成している実績もあり、モンドセレクション2016年受賞などを受賞しているため、認知度は高めです。

ただ、配合している成分はわかるものの、その成分の量が記載されていないのは痛いところですし、配合している種類が100種類以上と多いのが欠点といえます。

やや気になるポイントが残りますが、実績や認知度を見て効果が高いものと考えていいでしょう。 

まとめ

日本製のペニス増大サプリは高品質で安全、そういった印象が強いものが多くありますが、その反面有効成分の量が少なかったり、使われている原料が多かったりと少々疑問が残るものでもあります。

だからこそ、その中から「コレだ!」と思えるようなものに出会うことが、ペニス増大のための第一歩になります。

ただ、アナタのコンプレックスを解決するためには使ってみること、コレが一番大事です。今回紹介した商品からでもいいのでまずは1度、試してみることをオススメしますよ。